大学生でない方はご存知ではないかもしれませんが、最近の多くの大学ではインターネットのサイトで履修や課題提出などを管理していることが多く、あらゆるお知らせや掲示もそのサイト上で行われます。
これを聞くと便利だと思われるかもしれませんが、これが実に便利とかけ離れた存在なのです。

今回は学務システムサイトがいかに不便で総合的にゴミであるかをご紹介したいと思います。

pexels-pixabay-265667

私の大学では基本的に二つのサイトを使う必要があって、一つが学習管理システム、もう一つが学務のシステムです。

学習管理システムの方は時間割や課題、授業資料、ZoomのURLなど、授業に直接関わる部分のシステムで基本的には教師が色々と配布や掲示をして、生徒がダウンロードなどが出来るという場所です。
で、これは普通に有能です。特に使いにくさもなく、まともに機能しますし、UIもそこそこキレイで洗練された印象。

問題は学務の方のサイト。こちらは大学の学務や運営側があらゆる掲示をしたりしていて、履修登録(科目の登録)、成績確認や管理などなどあらゆるオフィシャルなやりとりがなされるところです。掲示の種類は海外プログラムから健康診断までと多岐に渡り、履修登録や成績の手続きなんかは間違えれば一巻の終わりどころではない大惨事を引き起こす可能性のあるやり取りです。
こんな重要なシステムなのに、これが本当に使いにくい。 



デザイン
まずはセンスのかけらも感じられないサイトのデザイン。

サイトのデザインなんか正直どうでも良いのだが、本来大学側としてはより積極的に活用し見て欲しいサイトであるはずのに、むしろ学生が積極的に避けるようなデザインなのが不思議。
なんだか重い空気の漂う、暗いサイト。それが実情である。



問題のページ
そして、最も罪深いのが「掲示」のページ。色々なお知らせが舞い込んでくるページだが、これがゴミです。

一応見やすくしようとする気持ちはあるようで、レポート関連の枠とか授業に関する枠とか項目別になってはいるんですよ。なってはいるんですけど、その中に「お知らせ」っていう枠があって結局ほぼ全部の知らせがそこに舞い込んでくるというクソ仕様。いやいやもっとちゃんと項目に分けろよって言いたいです。識別もクソもない。

そして全部一気に舞い込んでくるクソ仕様なため、めちゃくちゃ重要な健康診断とか履修とか科目の選択とかの通知と、クッソどうでもいい「カラス襲撃ハザードマップ」だとか知らないオッサンの講演会とかの通知が全く同列に扱われているんですよ。
しかも全部の通知がめちゃくちゃ細かい字で、一列ずつずらっと並んだ状態。しかもそれぞれ一つずつ押さないと送信日時や対象学生が確認できない。

いやー、本当にゴミページ。

あと本格的にサイト作成者の人格を疑うのが、通知の文字が青なのに背景も青。まあ文字は濃い青で背景は普通の青なんですが、いやいやいや頭悪いの?
背景は薄い青でもないんですよ。信じられない。
訴訟起こしたら秒速で勝てるレベルに悪質でしょ。

でもしょうがない。これを定期的に見なきゃ確実に留年します。
毎回見るたびに死にそうになるけどね。




というのが我が大学の学務システムサイトの現状でした。
デジタル化だのペーパーレス化言われてる昨今、デジタル化してもゴミなサイトというのでは全く意味がないと思います。

そして大学側が履修とか学生生活において必要な情報を丁寧に提供していくのは義務です。
ましてや情弱じゃなくても情報を見落とすように設計されているようなページは廃絶し、リニューアル、アップデートをするべきです。


ご覧いただきありがとうございました。

それではまた。


Youtubeもご覧ください ↓チャンネル
My12Parsecs コロナ明けに欧州旅

ブログランキングに参加しています
1日1クリック有効です。押していただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村