今朝WWDC2021の基調講演がありました。結構がっかりした人が多かったのではないでしょうか。
F264CFC4-9CDD-4550-97BD-BCFB267EB95C

何がなんだがわからない方のために言うと、WWDCとはアップルの開発者のためのカンファレンスです。

アップルで有名なのは、秋とかに開催される製品発表イベントですよね。製品発表イベントではiPhoneやらMacやらApple Watchやらのハードウェアが発表されます。まさに「製品」発表です。

2348D010-2010-44B1-80D3-5840F2C5C9E6

それに対してWWDCはソフトウェアの開発者のためのイベントです。 アプリなどを開発しているような人たちですね。
何日かに渡って開催されるんですが、製品発表のようなアップルの会社としてのプレゼンもあります。
それが今朝行われた基調講演です。ここではiOSやらMacOSやらiPadOSやらのOSのアップデート内容が発表されるんです。
そして今朝も、例年通り新しいバージョンになるとどうなるのかが発表されました。


がっかりだったところ
ただ、今回がっかりした人が多かったのは、ワンチャンハードウェアが発表されると噂されていたけど発表されなかったからです。
具体的には新型MacbookProが 発表されるのではないか?!という噂が完全に嘘で全部ソフトウェア、OS関連の内容でした。


今アップルのパソコンラインアップ、Macは大規模なリニューアル期間にあります。 それはインテル製のチップから自社製チップへの大移行なんですが、すでにMac mini、MacbookAir、MacbookPro13inch、iMacは新型が発売されていて、アップル自社製M1チップが搭載されています。

評価もなかなか良くて、特にエネルギー効率の良さでは異次元のレベルで、バッテリーは長持ちするし熱もあまり発生しないということで、庶民的にはもう完璧に近い状態です。 


そんな状況で14inch、あるいは15inchのMacbookProがまだ発表されていない、つまりプロユーザーたちが新型チップを搭載したプロ用のモデルを熱望しているわけです。 E62FA568-9036-4A87-844B-1B658150CF84

それが今回発表されなかった。

まあ秋には出るかな?って感じですが、見てみたかった気持ちもよくわかります。


個人的には激アツ
しかし、私は結構ハッピーです。
それはiPadOSが良さげなアップデートになりそうだから。
D8B74F70-BBCC-464C-B761-3A9D1D9EA93D
私の作業環境を簡単に説明すると、
パソコンはMacbookPro16inch。補助的に無印iPad。
16inchのパソコン良いんですけど、これが結構重くてガチで作業するには良いんですが、ちょっとソファで調べ物とかには向きません。
だからiPadにキーボードをつけてミニパソコン的な感じ使ってます。

キーボードはlogicool COMBO TOUCH。正確に言うとキーボード+ケース/スタンドです。
これが高いけど素晴らしい。普通のパソコンに近いようなレベルのキーボードとトラックパッドです。
これ使ってます↓



つまりハードウェア、作業環境は良いけどiPadの中身、ソフトウェアやOSが今までちょっと微妙でした。
やっぱりiPadはパソコンじゃないなという感じでしたんですが、今回のアップデートで良い方向に向かう兆しが何個かありました。
 

1.ウィジェット
まずはウィジェットについてなんですけど、去年iPhoneで可能になったレベルの自由な配置、カスタマイズが可能になりました。
去年iPhoneは本当に自由に設定可能になったんですが、iPadは限定的な配置、左側だけウィジェットがおけるみたいな感じでがっかりした人が多かったのです。それがようやく全面的にウィジェットが配置できるようになり、しかもiPhoneとは違って特大ウィジェットも配置できるようになりました。
自分が好きなように、使いやすいようにホーム画面をいじれるようになります。
90E514B0-41B6-47AF-8FA9-B1A08B686241


2.簡単にメモ
あとは簡単にメモを取れるようになりました。
右下をスッとスワイプすると簡易的なメモ画面が出てきて、パッとメモれるようになるそうです。
私の場合、重くてガッツリ作業するパソコンに対してのフットワークの軽いiPadなので、簡単にメモができる機能はその役割を助けてくれるでしょう。
1348EECC-00EA-4E30-ADE6-A5CB8A281836


3.マルチタスクがちょっとしやすく
最後に、これが結構大きんですけど、マルチタスクがしやすくなりました。
やっぱりパソコンの作業効率、しやすさはマルチタスクのしやすさにあって、ウィンドウを何個も開いて作業ができるわけです。これがiPadだと2個までは横並びにできるものの、それよりも多く複数のウィンドウで作業することはきついんです。
DA95987A-FD7C-4E42-877A-4F60CEC31B4B

これが、今回の発表で、よりマルチタスクしやすい方向に進む兆しが見えました。 iPadOS15が新しいアップデートになるんですけど、まだ普通のパソコンレベルの完全なマルチタスクまではいかないものの、ウィンドウの切り替えや管理がしやすい機能が増えます。
これが今後、普通のパソコン同程度の作業効率、しやすさへの第1歩、あるいは2歩目になれば良いですね。 


あと、iPadでプログラミング、アプリ開発もできるようになるそうですよ!
ソファでiPadを使って開発をする日も近そうです。


まとめですが、私はiPadだけで軽いパソコン程度の能力を発揮してほしいと思っています。もちろん、動画編集レベルの重い作業はパソコンでしますが、ブログを書くくらいソファで簡単にできても良いなあと思います。 

一応言っておくと、iPadを持っている/これから買うという人は本当にlogicool COMBO TOUCH買った方が良いですよ!




どのiPadかで買うのが違いますね。無印かAirかProで形がちょっと違いますからね。


ではでは。