今朝はバルセロナのラリーガ開幕節、レアルソシエダ戦でした。メッシ後の時代の一歩目でしたが、デパイのデビュー、ピケのヘディングゴール、そしてなんと言ってもブライスワイトの2G1Aの大活躍と悪くないスタートだったのではないでしょうか。
E828kAbWUAAMwTu
 王者の風格

今日の試合は17ヶ月ぶりにカンプノウに観客が戻ってきて、人数制限はあるもののコロナ前の活気を取り戻していました。
それで思ったのが、自分もカンプノウで試合が観たい!

現状ほとんどの入場チケットはシーズンパスを持っている人に向けて配られているそうですが、ヨーロッパに行く冬ごろには一般観光客向けのチケットももっと発売していてほしい!カンプノウは巨大なのでソーシャルディスタンスを取るのは簡単でしょう。

メッシをカンプノウで観ることは叶いませんでしたが、新たな神ブライスワイトを現地で拝みたいと思います。





少し調べてみると、カンプノウのチケットは安くても90ユーロ近くするそうです。最安で1万円超えということなのでかなり高いですね。ただやっぱり観たい。

そして今のところ12月に行く予定なんですが、12月にカンプノウで行われるラリーガの試合は5日のベティス戦と19日のエルチェ戦。1月2日にはマジョルカ戦がアウェーであって、カンプノウにこだわらずマジョルカ島まで行く余裕があれば久保建英も同時に観ることができるでしょう。



いずれにせよまだ先なのでうまく旅程を組むことが先ですね。そして販売されるタイミングを逃さないことが重要だと思います。



またバルセロナのことは書くかもしれません。
それでは。 



Youtubeもご覧ください ↓チャンネル
My12Parsecs コロナ明けに欧州旅

ブログランキングに参加しています
1日1クリック有効です。押していただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村